LT風味

一口アウトプット

#技術書典 で初心者が絵師兼アドバイザー雇った話、あるいは yagitch.com ユーザーレビュー

2019年9月22開催の技術書典7でAzure管理者本を頒布しましたレポです。

本記事は3部構成となるレポの2つ目です。

  1. 参加した感想と反省 
  2. 初心者がアドバイザーを雇った話 ←いまここ
  3. おっさんをレンタルした話

要約

  • 技術書典的 「とりあえずビール」を注文できる。
  • しかも美味い。また注文したい。
  • 予定は未定。次回以降は直接相談すること。

背景

技術書典にサークル参加する上で最もやりたかったことの1つ*1が、絵師に依頼してサークルカット・表紙を作成してもらうことでした。

一種の憧れ、ないしささやかな夢といってもいいです。

絵画や作曲といった芸術的なスキルがほぼなく、目についた作品に"いいね"することくらいしかできません。自分のできないことを、(おそらく相当努力されて)難なくこなす人は須らく尊敬してます。

まだ石油王になれてないので*2、今回の技術書典は、自分のための作品を依頼することができる絶好の機会でした。

始まり

絵師に依頼しようにも、知り合いにも特にいませんし、普段フォローしている方にもなんて声かけたらいいかわかりません*3

そんな時、見つけたのが以下のnote記事

note.mu

あと、ここには書かなかったもっとこまごまとした小手先のノウハウもたくさんあります。技術書典7に向けてアドバイザーとして雇うなら今です。絵も描けますので、表紙含めたトータルデザインとアドバイス、セットで丸投げ請け負います。

他の記事や、他のサークル主(および委託元)からの評判も見て*4、依頼することにしました。

f:id:tantal73:20190925205649p:plain

yagitch.com フルコース(個人向け)で体験できたこと

ここからは、実際にどういったことを依頼し、体験できたのかをつらつらと書いていきます。

DM含め、すべてが公開OKであることを本人に確認済みです。

なお、次回以降の作業内容を保証するものではありません。

"予想屋" yagitch

サークル主さんには、以下のようなツイートに見覚えがあるかもしれません。

ほぼ毎日予想を発表していたことから、"予想屋"で定着したyagitchさんですが、すでに4月の時点で技術書典7の開催時期を予想していました。

f:id:tantal73:20190925211542p:plain

サークルカット作成

f:id:tantal73:20190925215544p:plain

テーマやある程度の方向性(目線が合うキャラ + タイトル・内容)を伝え、認識合わせをした後、ラフ画を作成していただきました。

f:id:tantal73:20190925215907p:plain

これがラフ画ってやつか!

この時点ですでに感動物。

ラフ画は公開しませんが*5、どっちの案も甲乙つけがたい、いいものでした。

もう技術書典とかどうでもいいから、版権キャラ*6に仕上げてくださいと言い出さなかった当時の自分を褒めてあげたい。

なんやかんやで出来上がったサークルカットがこちら

techbookfest.org

原稿スケジュール作成

作業のスケジュール感がわからなかったので、スケジュールの作成を依頼しました。

f:id:tantal73:20190925221655p:plain

結果的に通常入稿スケジュールで作業を進めました。

表紙作成

表紙については、ざっくりとした方向性を伝えました。

f:id:tantal73:20190925222419p:plain

複数ってことは3案くらい考えていただける感じかな?なんて思ってました

f:id:tantal73:20190925222814p:plain

最終的に8案も出てきた

表紙作成依頼したの初めてだけど、働きすぎなんじゃなかろうか?

案を絞りつつ、調整を重ねて3案まで絞った結果が以下

Twitterアンケート用の画像も作成していただいきました。

アンケートも拡散されて、最終的に54票も集まりました。

案を1つに絞った後、さらに微調整をして表紙が完成しました。

lecture-notes.booth.pm

背表紙、裏表紙

f:id:tantal73:20190926232056p:plain

f:id:tantal73:20190926232534p:plain

f:id:tantal73:20190926232442p:plain

f:id:tantal73:20190926232632p:plain

アンケートに答えるといい感じのデータ出てくるのUXとして最高でした。

入稿時に修正なしで一発で通りました。

Twitter告知用お品書き画像

Twitterで告知する用のいい感じの画像

f:id:tantal73:20190925224553p:plain

作成していただきました

ダウンロードカード

f:id:tantal73:20190926233710p:plain

この一言と、文面だけ伝えればよしなにしてくれるの本当に最高でした。印刷所にデータアップロードしかしてない気がする。

買い出し関連

 「あの布」の入荷情報まで含めたアナウンス

おかげで欲しい色の布が入荷直後に買えました。

f:id:tantal73:20190926233321p:plain

ポスタースタンドの紹介

今回買ってよかったアイテムその2。非公式アフターで「ポスター目立ってました」と言ってもらえました。

f:id:tantal73:20190926234248p:plain

持ち物リスト

100均で買うものは写真付きなのが便利でした。

f:id:tantal73:20190926234714p:plain

その他

  • 日光企画用のA2ポスターのデータを作成していただきました。
  • 入稿時の万一に備えて予備データを作成していただきました。
  • POP/値札用のデータを作成していただきました。
  • 関連イベントを紹介していただきました。
  • 告知方法の相談ができました。
  • 入稿時のオプションを相談できました。

感想

依頼してよかったことは

書くことに集中できた。

これに尽きます。

上記の内容を自分1人でやっていたら、時間がいくらあっても足りません。

入稿の前日まで冊子版の、技術書典前日まで電子書籍版の微調整の時間が取れたのも、その他の作業を粗方お任せできたのが大きいです。

「とりあえずビールで」感覚で、「同じものお願いします!」と言えば、技術書典に参加するのに必要な準備が整っていきました。右も左もわからない初心者にはすごくお勧めです。

クオリティを上げたおかげか、依頼料・諸経費込みでも十分黒字になるだけ頒布できた*7のがよかったです。終了直前の最後の1分まで頒布できました。

あとやや細かいですが、入稿をほとんどトラブルなく終えられたのはすごくよかったです*8

日光企画さんに直接入稿したのですが、少し先に入稿を始めた方を横目に、圧倒的な速さで入稿手続きが完了しました。全体の所要時間は30分ほどだったと思います。

褒めてばかりも提灯記事っぽいので、マイナス面も挙げておくと、生活リズムがちょっと合わなかったです。 特に技術書典開催直前は、お互いに日本にいながらアメリカ並みに時差があった気がします。

心配になるから、ちゃんと寝て欲しいです。

#やぎっち寝ろ

yagitch.com

*1:もう1つはおっさんレンタルを使うこと。別記事

*2:5000兆円も手に入れてないので

*3:変な依頼方法をして、ブロックでもされたら立ち直れない自信あります

*4:神呼ばわりされてた。実際神だった。

*5:この優越感やばいな。癖になりそう。

*6:神原駿河(化物語)、次点で川内(艦これ)

*7:執筆時点でBOOTH込みで160部ほど

*8:Techboosterさんのテンプレートのおかげもありますが

【無料サンプル公開】技術書典7でAzure管理者本頒布します!

f:id:tantal73:20190914182147p:plain

2019年9月22日(日)開催予定の技術書典7で、Azure本頒布します!

Azure環境での運用・管理に関する基礎知識を短期間で学ぶことができます。特に、AZ-103を受験しようとしている方にお勧めです。

参加に先立ち、BOOTHで無料サンプルを公開しました。

lecture-notes.booth.pm

【目次】

  • 前書き
  • 第1章 Azure 管理者の概要
  • 第2章 リソースグループの管理
  • 第3章 Azure サブスクリプションの管理
  • 第4章 VM の管理
  • 第5章 ⾃動デプロイメント
  • 第6章 Azure Backupの実装
  • 第7章 ストレージアカウントの作成および構成
  • 第8章 Azure Files の設定
  • 第9章 リソース使⽤率および消費量の分析
  • 第10章 仮想ネットワークの実装と管理
  • 第11章 ネットワークのセキュリティ
  • 第12章 負荷分散の設定
  • 第13章 ネットワークの監視とトラブルシューティング
  • 第14章 Azure Active Directory(AD)の管理
  • 第15章 Azure AD Premium
  • 第16章 ハイブリッドID の実装と管理
  • 付録A 参考⽂献

techbookfest.org

当日参加できない方向けに、BOOTHでも頒布予定です。

よろしくお願いします!

第7回Microsoft Learnもくもく会を開催しましたレポ #mslearn

f:id:tantal73:20190624205401p:plain

イベント情報

開催日: 2019/08/26

日時:13:00-17:00

参加人数:21人

mslearn.connpass.com

感想

SandBox 復ッ活ッ

特に大きな問題もなく開催できたのでよかったです。随所に教え合いが生じていたのもGOOD!

参加者の声

  • いい気分転換になった
  • もくもくできた
  • 今日は多少会話もあり、こんなかんじもよかったです。
  • VIP席の座り心地最高

次回の予定

次回は9/28(土)開催の予定です。

mslearn.connpass.com

アンケート結果

f:id:tantal73:20190826214453p:plain

f:id:tantal73:20190826214530p:plain

f:id:tantal73:20190826214543p:plain

Microsoft Learnでレベリング

本記事はネタです。Learnでレベル上げを目的にするのは、Learnの趣旨からすると本末転倒です。用法容量を守って、会話のネタ・酒の肴にお使いください。

界隈、というか自分のTLで、にわかにLearnのレベル上げが話題になったので、メモ。

攻略wikiにレベリング記事追加する気分で書いてます。

続きを読む

第6回Microsoft Learnもくもく会を開催しましたレポ #mslearn

f:id:tantal73:20190624205401p:plain

イベント情報

開催日: 2019/07/27

日時:13:00-17:00

参加人数:21人

mslearn.connpass.com

感想

まさかのVIPルーム開催。ものすごい良い環境でもくもくできて最&高。

あいかわらずサンドボックス周りで残念なのは過渡期だからかもしれない。早く改善して欲しい。

参加者の声

  • いつもありがとうございます!
  • もう1時間長い方がいいかも
  • VIProomでびびりました。心なしか椅子がふかふかぁで、意識が飛びました。また来月も予定があえば参加したいです。

補足: AzureYoYo

もくもく会主催してるくせに、1個目の青YoYoしかもらえなかった。精進したい。

サンドボックス制限

サンドボックスを乱用しているやつがいる模様。VM(より正確にはIaaS系全般)の作成が制限されて世界中で阿鼻叫喚状態。 もくもく会の2週間前あたりから制限されていて、タイミング悪い時期に開催してしまった...

social.msdn.microsoft.com

github.com

公式砲

特に告知もしてないのに、申し込み通知増えたなーと思ってconnpassを確認すると、あるタイミングから明らかに申し込みが増えてた。

f:id:tantal73:20190728102235p:plain

誰かが紹介してくれたのかな?なんて吞気にエゴサしてみた結果...

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚ Д゚) …!?

補足

公式に補足するとかおこがましいですが、Azureだけでなく、Learnのコンテンツに関連するテクノロジー(こじつけ可)を勉強したいならだれでも歓迎です。 普段接点少ない人(自分の場合は Azure / .NET 以外)とゆるく繋がれるのもLearnもくもく会の魅力の1つだと思ってます。

次回の予定

次回は8/24(土)開催の予定です。

mslearn.connpass.com

アンケート結果

f:id:tantal73:20190728104110p:plain

f:id:tantal73:20190728104125p:plain

f:id:tantal73:20190728104139p:plain

AZ-103 受験対策まとめ

f:id:tantal73:20190706134340p:plain

受験科目

www.microsoft.com

2018年末にAzure系資格が大幅に改定され、さらに統廃合を経て、Azure 管理者アソシエイツ取得に必須となったAZ-103の受験対策のまとめです。

1. 準備

1.1 Pluralsightに登録

www.pluralsight.com

執筆時点で一番おすすめできる学習サイト

英語のサイトですが、ものすごくゆっくり話てくれるし、日本語字幕もあります。(字幕のクオリティは今一つですが)

試験範囲全部やろうとするとボリュームがすごいので、問題演習しながらつまみ食いすると効率がいいかもしれません(後述)

1.2 Microsoft Learn登録(任意)

docs.microsoft.com

初めてAzure/クラウドに触る場合は登録しておくとよいです。

試験対策としては、入門~基礎レベルの素材が充実しています。また無料のサンドボックス環境が使えるので、手を動かした学習ができます。

1.3 mstepに登録(任意)

partner.microsoft.com

Microsoftのパートナー企業なら(個人事業主も可)無料でトレーニングが受けられるmstepに登録します。

70-533時代には専用の試験対策講座が無料で受けられたのですが、執筆時点ではAZ-xxx系の講座はなく、関連する講座がいくつか公開されている程度。試験対策としては正直微妙ですが、苦手分野がわかっていて、かつ日本語で解説が聞きたい場合は有用かもしれません。

70-533対策講座はとても良かったので、学習を始める前に、対策講座が公開されているかチェックしておくとよいです。

1.3 教材購入

学習開始時のレベルに合わせて適宜購入しましょう。70-533時代のものも適宜利用しました。

基礎固めに使いました。試験範囲と大体同じ部分をざっくりつかめます。

頻出分野のオンプレミスの拡張(特にネットワーク)の対策として読みました。

同じく頻出分野のAzure ADの基礎固めに使いました。

Windows ServerのADとAzure ADは完全に別物なので、Azure AD未経験の方は一読しておくとよいと思います。

受験用バウチャーにセットになっていたので使いました。 解説も充実していて、間違いの選択肢がなぜ間違いなのかも1問1問ついているので、力がつきます。 なお、執筆時点で英語版のみです。 70-533時代は日本語版があったので、少し待てば日本語版がでるかもしれません。

2. 学習

2.1 Pluralsight受講

Azure Administratorsのコンテンツを消化していきます。

Beginnerレベルを一通り完了した後は、問題集で演習->苦手分野の受講の方が効率がいい気がします。

2.2 問題集で学習

公式の問題集を周回する。テストモードで得点が伸びない分野はPluralsightのコース受講するといいです。

2.3 公式のドキュメントを読む/実機で動かす

ポータルの操作に関する問題も出たので、実務でAzureを触っていない場合は、Microsoft Learnや無料サブスクリプションで実際に触っておくことを推奨します。 また、問題集やコースで取り上げられている公式ドキュメントは、得点に直結するので必読です。

3. 受験

3.1 申し込み

ピアソンVue経由での申し込みになります。 認定のテストセンターで受験でき、受験日直前でも申し込めますが、 テストセンターによっては特定の曜日しかダメだったりするので、早めに申し込みしておくと良いと思います

3.2 当日の持ち物

申し込むとわかりますが、身分証明書が2つ必要です。 例えば、自動車免許証だけだと受験できません。 自分は免許証とパスポートで受験しました。

70-533との違い

出題範囲差分と実際に受験して感じた、内容の主な違いは以下の通りです。

  • PaaS系の問題は範囲外。キーワードとして出てもほぼネットワークの問題でした。
  • ポータルの操作系問題増えました。
  • オンプレの拡張系が増えました。

2019年9月追記

技術書典7で対策本を頒布しました。

lecture-notes.booth.pm