LT風味

一口アウトプット

#技術書典 の売り子を「おっさんレンタル」にお願いした話

2019年9月22開催の技術書典7でAzure管理者本を頒布しましたレポです。

本記事は3部構成となるレポの3つ目です。

書いてて思いましたが、パワーワード多めです。

  • 参加した感想と反省 
  • 初心者がアドバイザーを雇った話
  • おっさんをレンタルした話 ←いまここ
おっさんレンタルを使おうと思った経緯

togetter.com

上記のレポ漫画読んで、

いつかおっさんをレンタルしてみたいな

と、漫然と思っていました。

今回は売り子の依頼という、レポ漫画と同じ依頼をするベストなタイミングだと思い、依頼しました。

おっさん探し

ossanrental.thebase.in

依頼をするおっさんをサイトから探します。

アクセスして思ったのが、

おっさんの品揃えめっちゃ充実してる

でした。

プロフィール読んでるだけで楽しめて、右上の「1000円」に脳みそ混乱できます。

品揃え豊富すぎて、全部読む時間がなかったので、検索欄から「売り子」で検索して、技術書典会場の池袋の近くにいそうなおっさんをピックアップしました*1

おっさん注文

ossanrental.thebase.in

今回注文したのは萩原さん(@hagitter)さん。

記事書くためにプロフィール見直したら、「人気のおっさん」になっていました*2

サークルの当選発表直後にコンタクトを取り、技術書典の売り子を依頼できるかを確認しました。

快諾していただいた後、レンタル時間や交通費関連について一通り確認がありました。

注文時のやり取りの最後に質問したのは、注文の仕方でした。

また、注文する機会があったとしても念のため聞くと思う。

おっさんの注文方法、これであってますか?

事前準備

当日まで以下の2点だけ連絡

  • サークル通行証の登録
  • 売り子マニュアルの共有

@yagitchさんが公開されている、売り子マニュアルを自分のサークル用に改変して共有しました

技術書典6売り子マニュアル · GitHub

「サークル初参加と聞いていた*3けど、ずいぶんしっかりした内容だなと思った」と当日言われました。

合流~設営

当日は、サークルスペースに直接合流することにしていました。

少し先に入場して設営準備していると、「土田さんですか?萩原です。」と無事に合流できました。

この時初対面だったのですが、

ちゃんと実在したわ

と、おっさんをレンタルした実感が湧きました。

設営のお手伝いからお願いしたのですが、不慣れな自分の雑な指示で、テキパキと作業していただいて、一般入場前に設営を完了することができました。

1人だと設営完了できなかったかもしれない。

設営終わったら告知までしていただきました。

一般入場開始~終了

メインディッシュ。印象に残ってることつらつら書きます。

おっさん無双

「よろしければ見本をどうぞ」の声かけのタイミングが抜群にうまい。特に大きな声を出すでもなく、ポンポンと見本を渡していきました。

当日手に取ってくれる人の数を大幅に増やしてくれたと思います。

どうしてそんなに上手に渡せるのか聞いたところ、「売り子や買い子*4の経験や、ティッシュやチラシ配りのバイトの経験から、手に取ってくれそうな人がなんとなくわかる」らしいです。納得。

出版話

依頼時にちゃんとプロフィール読んでなかったのですが、昔アスキーの関連会社にいて、商業出版もしたことがあるみたいです。

不正アクセス本*5を出版したら、内容を褒められて嬉しかった話や、世界各国のITエンジニアへのインタビュー本*6を執筆中に、たまたま駅で困ってたインド人助けたらプログラマーだった話とかめっちゃ面白かったです。

技術書典に来たのは初めてで、参加人数の多さにびっくりしているみたいな話もしました。

Gentoo

設営時に告知を見て、近くに住んでいたご友人がわざわざ買いに来てくれました!

「ナデラになってMSもだいぶ変わったねー」、とか「さすがにGentooはサポートされてないよねw」みたいな話をしました。

その他雑談

当日は割と人の流れに波があって、人がいっぱい来る時間帯と、凪っている時間帯が交互に来る感じでした。

少し暇になる時間帯に、いろいろな雑談をして楽しめたのはすごい良かったです。

撤収作業

撤収作業もこちらの雑な指示と構内の放送を聞いてテキパキと作業していただいて、時間内撤収できました。

立ち読み用の本の存在を完全に忘れていたので、ちゃんと回収していただいたのは特に嬉しかったです。

まとめ

売り子をしてくれる上に、面白い話も聞けるので実質無料

みんなもおっさんをレンタルしよう!

ossanrental.thebase.in

*1:交通費が別途かかるため

*2:プロフィールの情報も増えてる?スクショ撮っとけばよかったかも

*3:注文時

*4:今年のコミケは買い子で参加したらしい

*5:https://www.amazon.co.jp/dp/479810938X

*6:https://www.amazon.co.jp/dp/4798108065

第8回Microsoft Learnもくもく会を開催しましたレポ #mslearn

f:id:tantal73:20190929221223p:plain

イベント情報

開催日: 2019/09/28

日時:13:00-17:00

参加人数:19人

mslearn.connpass.com

感想

主催者なのに、集合に遅刻してしまった。反省。電車遅延見込んで少し早めに出よう。

オンラインエディタ

C#系のモジュールでオンラインエディタが使えるようになってた。C#初心者用コンテンツとして最強になるかもしれない

Azure本じゃんけん大会

もくもく終了後に技術書典で頒布した本を賭けたじゃんけん大会をした。めっちゃ盛り上がってくれてよかった。

人生で初めてサインもした。サイン考えておけばよかった(手遅れ)

techbookfest.org

参加者の声

  • 初めてやりましたが、WEBサイト作成できました。用語が難解で難しかったです
  • いつもありがとうございます。

次回の予定

次回は10/26(土)開催の予定です。

mslearn.connpass.com

アンケート結果

f:id:tantal73:20190929223332p:plain

f:id:tantal73:20190929223342p:plain

f:id:tantal73:20190929223350p:plain

#技術書典 で初心者が絵師兼アドバイザー雇った話、あるいは yagitch.com ユーザーレビュー

2019年9月22開催の技術書典7でAzure管理者本を頒布しましたレポです。

本記事は3部構成となるレポの2つ目です。

  1. 参加した感想と反省 
  2. 初心者がアドバイザーを雇った話 ←いまここ
  3. おっさんをレンタルした話

要約

  • 技術書典的 「とりあえずビール」を注文できる。
  • しかも美味い。また注文したい。
  • 予定は未定。次回以降は直接相談すること。

背景

技術書典にサークル参加する上で最もやりたかったことの1つ*1が、絵師に依頼してサークルカット・表紙を作成してもらうことでした。

一種の憧れ、ないしささやかな夢といってもいいです。

絵画や作曲といった芸術的なスキルがほぼなく、目についた作品に"いいね"することくらいしかできません。自分のできないことを、(おそらく相当努力されて)難なくこなす人は須らく尊敬してます。

まだ石油王になれてないので*2、今回の技術書典は、自分のための作品を依頼することができる絶好の機会でした。

始まり

絵師に依頼しようにも、知り合いにも特にいませんし、普段フォローしている方にもなんて声かけたらいいかわかりません*3

そんな時、見つけたのが以下のnote記事

note.mu

あと、ここには書かなかったもっとこまごまとした小手先のノウハウもたくさんあります。技術書典7に向けてアドバイザーとして雇うなら今です。絵も描けますので、表紙含めたトータルデザインとアドバイス、セットで丸投げ請け負います。

他の記事や、他のサークル主(および委託元)からの評判も見て*4、依頼することにしました。

f:id:tantal73:20190925205649p:plain

yagitch.com フルコース(個人向け)で体験できたこと

ここからは、実際にどういったことを依頼し、体験できたのかをつらつらと書いていきます。

DM含め、すべてが公開OKであることを本人に確認済みです。

なお、次回以降の作業内容を保証するものではありません。

"予想屋" yagitch

サークル主さんには、以下のようなツイートに見覚えがあるかもしれません。

ほぼ毎日予想を発表していたことから、"予想屋"で定着したyagitchさんですが、すでに4月の時点で技術書典7の開催時期を予想していました。

f:id:tantal73:20190925211542p:plain

サークルカット作成

f:id:tantal73:20190925215544p:plain

テーマやある程度の方向性(目線が合うキャラ + タイトル・内容)を伝え、認識合わせをした後、ラフ画を作成していただきました。

f:id:tantal73:20190925215907p:plain

これがラフ画ってやつか!

この時点ですでに感動物。

ラフ画は公開しませんが*5、どっちの案も甲乙つけがたい、いいものでした。

もう技術書典とかどうでもいいから、版権キャラ*6に仕上げてくださいと言い出さなかった当時の自分を褒めてあげたい。

なんやかんやで出来上がったサークルカットがこちら

techbookfest.org

原稿スケジュール作成

作業のスケジュール感がわからなかったので、スケジュールの作成を依頼しました。

f:id:tantal73:20190925221655p:plain

結果的に通常入稿スケジュールで作業を進めました。

表紙作成

表紙については、ざっくりとした方向性を伝えました。

f:id:tantal73:20190925222419p:plain

複数ってことは3案くらい考えていただける感じかな?なんて思ってました

f:id:tantal73:20190925222814p:plain

最終的に8案も出てきた

表紙作成依頼したの初めてだけど、働きすぎなんじゃなかろうか?

案を絞りつつ、調整を重ねて3案まで絞った結果が以下

Twitterアンケート用の画像も作成していただいきました。

アンケートも拡散されて、最終的に54票も集まりました。

案を1つに絞った後、さらに微調整をして表紙が完成しました。

lecture-notes.booth.pm

背表紙、裏表紙

f:id:tantal73:20190926232056p:plain

f:id:tantal73:20190926232534p:plain

f:id:tantal73:20190926232442p:plain

f:id:tantal73:20190926232632p:plain

アンケートに答えるといい感じのデータ出てくるのUXとして最高でした。

入稿時に修正なしで一発で通りました。

Twitter告知用お品書き画像

Twitterで告知する用のいい感じの画像

f:id:tantal73:20190925224553p:plain

作成していただきました

ダウンロードカード

f:id:tantal73:20190926233710p:plain

この一言と、文面だけ伝えればよしなにしてくれるの本当に最高でした。印刷所にデータアップロードしかしてない気がする。

買い出し関連

 「あの布」の入荷情報まで含めたアナウンス

おかげで欲しい色の布が入荷直後に買えました。

f:id:tantal73:20190926233321p:plain

ポスタースタンドの紹介

今回買ってよかったアイテムその2。非公式アフターで「ポスター目立ってました」と言ってもらえました。

f:id:tantal73:20190926234248p:plain

持ち物リスト

100均で買うものは写真付きなのが便利でした。

f:id:tantal73:20190926234714p:plain

その他

  • 日光企画用のA2ポスターのデータを作成していただきました。
  • 入稿時の万一に備えて予備データを作成していただきました。
  • POP/値札用のデータを作成していただきました。
  • 関連イベントを紹介していただきました。
  • 告知方法の相談ができました。
  • 入稿時のオプションを相談できました。

感想

依頼してよかったことは

書くことに集中できた。

これに尽きます。

上記の内容を自分1人でやっていたら、時間がいくらあっても足りません。

入稿の前日まで冊子版の、技術書典前日まで電子書籍版の微調整の時間が取れたのも、その他の作業を粗方お任せできたのが大きいです。

「とりあえずビールで」感覚で、「同じものお願いします!」と言えば、技術書典に参加するのに必要な準備が整っていきました。右も左もわからない初心者にはすごくお勧めです。

クオリティを上げたおかげか、依頼料・諸経費込みでも十分黒字になるだけ頒布できた*7のがよかったです。終了直前の最後の1分まで頒布できました。

あとやや細かいですが、入稿をほとんどトラブルなく終えられたのはすごくよかったです*8

日光企画さんに直接入稿したのですが、少し先に入稿を始めた方を横目に、圧倒的な速さで入稿手続きが完了しました。全体の所要時間は30分ほどだったと思います。

褒めてばかりも提灯記事っぽいので、マイナス面も挙げておくと、生活リズムがちょっと合わなかったです。 特に技術書典開催直前は、お互いに日本にいながらアメリカ並みに時差があった気がします。

心配になるから、ちゃんと寝て欲しいです。

#やぎっち寝ろ

yagitch.com

*1:もう1つはおっさんレンタルを使うこと。別記事

*2:5000兆円も手に入れてないので

*3:変な依頼方法をして、ブロックでもされたら立ち直れない自信あります

*4:神呼ばわりされてた。実際神だった。

*5:この優越感やばいな。癖になりそう。

*6:神原駿河(化物語)、次点で川内(艦これ)

*7:執筆時点でBOOTH込みで160部ほど

*8:Techboosterさんのテンプレートのおかげもありますが

【無料サンプル公開】技術書典7でAzure管理者本頒布します!

f:id:tantal73:20190914182147p:plain

2019年9月22日(日)開催予定の技術書典7で、Azure本頒布します!

Azure環境での運用・管理に関する基礎知識を短期間で学ぶことができます。特に、AZ-103を受験しようとしている方にお勧めです。

参加に先立ち、BOOTHで無料サンプルを公開しました。

lecture-notes.booth.pm

【目次】

  • 前書き
  • 第1章 Azure 管理者の概要
  • 第2章 リソースグループの管理
  • 第3章 Azure サブスクリプションの管理
  • 第4章 VM の管理
  • 第5章 ⾃動デプロイメント
  • 第6章 Azure Backupの実装
  • 第7章 ストレージアカウントの作成および構成
  • 第8章 Azure Files の設定
  • 第9章 リソース使⽤率および消費量の分析
  • 第10章 仮想ネットワークの実装と管理
  • 第11章 ネットワークのセキュリティ
  • 第12章 負荷分散の設定
  • 第13章 ネットワークの監視とトラブルシューティング
  • 第14章 Azure Active Directory(AD)の管理
  • 第15章 Azure AD Premium
  • 第16章 ハイブリッドID の実装と管理
  • 付録A 参考⽂献

techbookfest.org

当日参加できない方向けに、BOOTHでも頒布予定です。

よろしくお願いします!

第7回Microsoft Learnもくもく会を開催しましたレポ #mslearn

f:id:tantal73:20190624205401p:plain

イベント情報

開催日: 2019/08/26

日時:13:00-17:00

参加人数:21人

mslearn.connpass.com

感想

SandBox 復ッ活ッ

特に大きな問題もなく開催できたのでよかったです。随所に教え合いが生じていたのもGOOD!

参加者の声

  • いい気分転換になった
  • もくもくできた
  • 今日は多少会話もあり、こんなかんじもよかったです。
  • VIP席の座り心地最高

次回の予定

次回は9/28(土)開催の予定です。

mslearn.connpass.com

アンケート結果

f:id:tantal73:20190826214453p:plain

f:id:tantal73:20190826214530p:plain

f:id:tantal73:20190826214543p:plain

Microsoft Learnでレベリング

本記事はネタです。Learnでレベル上げを目的にするのは、Learnの趣旨からすると本末転倒です。用法容量を守って、会話のネタ・酒の肴にお使いください。

界隈、というか自分のTLで、にわかにLearnのレベル上げが話題になったので、メモ。

攻略wikiにレベリング記事追加する気分で書いてます。

続きを読む